MENU

30代のあなたがシミへの効果を最大限に引き出す洗顔法?

シミ,効果,洗顔方法

 

 

「シミひとつないキレイなお肌って憧れちゃいますよね?」

 

 

どうやったらあんなに透明感が出るんだろうと、いろいろな化粧品を試してもイマイチ効果を感じられない、な?んてことはありませんか?そうだとしたら、あなたの洗顔方法が間違っているのかもしれません!

 

 

シミのない美しい肌をつくる基本中の基本である「洗顔」。美肌のスタートラインともいうべき洗顔を間違った方法を続けてしまうと、いくら必死にがんばっても憧れの透明美肌には近づけません。

 

 

今回は、30代のあなたがシミへの効果を最大限に引き出す洗顔法をご紹介します!

 

 

 

ダブル洗顔は必要なの?

シミ,効果,洗顔方法

 

 

日本人は顔を洗いすぎる、というのは海外の女性からの意見です。しかし、日本は高温多湿で肌がベタベタしやすいのと、30代の女性ならメイクは、たしなみとして当たり前ですので、結果、夜のダブル洗顔は正解だと思います。

 

 

また、海外に比べて日本は水質がいいので、たくさん洗ったところでそんなに肌への負担がかかるとも思えませんので、その辺も安心してくださいね!

 

 

さて、30代の女性で、昼間はばっちりメイクしている人の場合、帰宅後はすぐに洗顔してほしいところです。

 

 

皮脂とメイクの油汚れでベトベトになった状態で長時間そのままにしておくと、肌の上で酸化が始まり、くすみや色素沈着の原因になります。

 

 

疲れたからメイクを落とさないで寝た、なんて女性がたまにいますが言語道断!

 

 

「顔の上に汚れたぞうきんを乗せて寝てるのと一緒ですよ!!」

 

 

透明美白を目指すなら、顔の汚れはすぐに丁寧に洗い流しましょう。

 

 

どうしても睡眠を優先したいのであれば、せめて「拭くだけコットン」のようなものでメイクだけは落としてから寝てください。30代だと「まだ大丈夫!」と思いがちですが、そのような習慣が続くと、40代以降で絶対に後悔しますから気を付けてください。

 

 

 

優しく丁寧に!ゴシゴシ洗いは厳禁です!

シミ,効果,洗顔方法

 

 

洗顔でシミ自体を薄くすることは出来ません。しかし、洗顔でシミ予防なら可能です。

 

 

シミの原因は「かかし」といって、乾燥、活性酸素、紫外線が大きな要因ですが、洗顔では、乾燥対策ができるからです。

 

 

洗顔での乾燥対策として、汚れをしっかり落としつつ必要なうるおいは残します。

 

 

洗顔後に顔がつっぱるという人は、うるおいまで落としている可能性が高いので、低めの水温で優しく丁寧に、ゴシゴシせずに洗ってみてください。

 

 

それでもつっぱる場合は、洗顔料が合っていないので見直しましょう。泡洗顔は比較的つっぱりが少ないと言われていますので、泡で洗うタイプの洗顔をチョイスし、優しく丁寧に洗ったあと、すすぎ残しがないようにして下さいね♪

 

 

毎日の洗顔で美肌が叶えば、忙しいあなたでも特別なお手入れは必要ありませんね!

 

 

 

 

 

このページの先頭へ